【江東区亀戸】入れ歯・子どもの矯正も あいざわ歯科医院

フリーダイヤル:0120-418-693 8:00~13:00/15:00~20:00

  • アクセス
  • 医院情報
  • 診療コンセプト
  • 採用情報

子どもの矯正(小児矯正)

  1. Home>
  2. 子どもの矯正(小児矯正)

お子様の将来のために、「小児矯正」をご検討ください

歯列矯正は年齢に関係なく子どもでも大人でも受けることができる治療ですが、成長段階にある子どものうちに矯正を始めることでさまざまなメリットが得られます。
江東区亀戸の歯医者「あいざわ歯科医院」では、お子様の顎の正しい成長をうながして歯並びと噛み合わせを正しく整える、「小児矯正」を行っています。

子どもの矯正(小児矯正)について

[画像]子どもの矯正(小児矯正)について

小児期に乱れてしまった歯並びや噛み合わせをそのままにしておくと、虫歯や歯周病、顎関節症などを招きやすくなります。
また、見た目や発音に関してコンプレックスを抱える原因になってしまうこともあるでしょう。
乳歯の状態は、永久歯の歯列形成にも影響をおよぼします。
「矯正は大人になってからでも……」と考えず、お子様の歯並びや噛み合わせで気になる点があれば、お早めにご相談ください。

顎の成長を利用した矯正治療 

[画像]顎の成長を利用した矯正治療 

歯並びが悪くなる原因のひとつに、「顎が小さいために歯が正しく生える十分なスペースが確保できないこと」があります。
小児矯正によって顎の成長をコントロールして歯がきちんと並ぶだけのスペースを確保してあげられれば、きれいな歯並びと正しい噛み合わせを導くことができるのです。

お子様の歯と心の健康を守るために

[画像]お子様の歯と心の健康を守るために

当院では、お子様の顎の成長を促すことに主軸に置いた小児矯正治療を行っています。
この方法なら歯並びの改善だけでなく、顎の成長に合わせて噛み合わせを改善することで、輪郭のゆがみを軽減できる可能性もあります。
歯並びや噛み合わせを正しく整えることは、コンプレックスの解消にもつながります。お子様の歯と心の健康を守るために、一緒に頑張っていきましょう。

お子様の口呼吸に注意しましょう

[画像]お子様の口呼吸に注意しましょう

最近は上顎が小さく鼻孔が狭いために、鼻ではなく口で呼吸するお子様が増えています。
口呼吸は代謝の低下によりカゼをひきやすくなったり、喘息や花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を発症するリスクを高めてしまいます。
しかし、いくら「口を閉じなさい」と注意をしても、息苦しさからやむを得ず口呼吸になっているので、まずはこの状態を改善しなければなりません。

当院の小児矯正はお子様の顎の成長をうながして歯がきちんと並ぶスペースを確保するものですが、上顎を広げることで鼻腔も広がるため、呼吸がしやすくなって口呼吸の改善につながります。
口呼吸が改善されれば、アレルギー性疾患が軽減する、免疫力が向上して風邪をひきにくくなる、息苦しさから解放されて集中力がアップする、落ち着いて勉強やスポーツに取り組めるなどのメリットが期待できます。
お子様の本来の力が発揮できるよう、顎が狭くないか、口呼吸をしていないか、気にかけてあげてください。

矯正装置

成長矯正は歯の表側ではなく裏側に矯正装置を取り付ける方法です。
正面からは装置が見えないので、お友達の視線が気になって矯正装置の使用を嫌がるお子様にも抵抗なく取り組んでもらうことができます。
顎の成長時期に合わせて治療を行うので、5歳~12歳頃までが適齢期です。

床矯正(3~7歳・生え変わり時期)

[画像]床矯正(3~7歳・生え変わり時期)

床矯正(しょうきょうせい)は、主に乳歯列期や混合歯列期初期のお子様に使用する矯正装置です。
歯を移動させるのではなく、装置本体についたネジを回して顎を少しずつ広げ、歯がきちんと並ぶスペースを確保するために行います。
マウスピースのように取り外しできるので、音楽や体育の時間など、お子様の都合に合わせて一時的に外すことも可能です。

ファン矯正(6~12歳・顎の成長時期)

ファン矯正(扇形拡大矯正矯正)は固定式の矯正装置で、顎を扇状に拡大し、上顎を扇状に拡大していく装置です。
前歯が生えてくるスペースがない場合などに使用します。
矯正装置は、お子様一人ひとりのお口の状態に合わせて作製するオーダーメイドタイプ。
歯の裏側に装着するため目立ちにくく、唇が傷付きにくいというメリットがあります。

ファン矯正なら顎を広げることで鼻腔も広がるため、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状の改善も期待できます。
歯並びや噛み合わせだけでなく、全身の健康の問題を解決する手助けにもなるのです。

お子様の歯並びや噛み合わせに不安を感じたら、できるだけ早い時期にご相談ください。

↑