【江東区亀戸】入れ歯・子どもの矯正も あいざわ歯科医院

フリーダイヤル:0120-418-693 8:00~13:00/15:00~20:00

  • アクセス
  • 医院情報
  • 診療コンセプト
  • 採用情報

予防歯科

  1. Home>
  2. 予防歯科

歯の健康を守るには、「痛くなる前の予防」が大切です

虫歯歯周病といったお口の感染症は、原因が明らかなので予防することができます。
虫歯や歯周病の治療が重要なのは当然ですが、治療では歯や歯周組織に少なからずダメージを与えてしまうため、まずは虫歯や歯周病にかからないようにすることが重要です。
「痛くなってからの治療」ではなく「痛くなる前の予防」に努め、江東区亀戸の歯医者「あいざわ歯科医院」でお口の健康を維持していきましょう。

正しい「予防」は、歯の役割を知ることから

正しい「予防」は、歯の役割を知ることから

歯の役割は「食べること」だけではありません。
私たちの歯は、次のような役割を担っています。

咀嚼 食べ物をしっかり噛むことで栄養の効率的な吸収を助け、胃腸など消化器官への負担を軽減します。
食感 食べ物を噛んだときの「歯ざわり」や「歯ごたえ」が味覚に作用し、食事がよりおいしく感じられます。
発音 歯がなくなると、歯のすき間から空気がもれて正しい発音ができなくなってしまうことがあります。
異物の侵入阻止 食べ物の中に石や砂が混入していても、噛むことで異物に気付くことができ、体内に入る前に取り除くことができます。
表情 歯を失うとお口周りの筋肉が衰え、老けてみえます。
歯でしっかり噛みことが表情を豊かにし、若々しい印象につながります。
瞬発力 奥歯をしっかり噛みしめることで、重労働やスポーツのときに大きな力を発揮できます。
バランス 歯がしっかりと噛み合うことで、顔の左右のバランスや全身のバランスが整います。

定期健診で早期発見に努めましょう

定期健診で早期発見に努めましょう

虫歯や歯周病は初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、痛みや腫れなどを感じるころにはかなり進行してしまっています。
「痛くなってから治療すればいい」と思っている方もいらっしゃいますが、一度進行してしまったら、どんなに優れた治療を受けても削った歯やダメージを負った歯周組織が同じように戻ることはありません。

虫歯や歯周病の進行具合によっては、歯を失ってしまうこともあります。
抜歯が必要になり、歯を失って初めてその大切さを知るということにもなりかねないのです。
しかし、予防歯科で適切な口腔ケアを継続して受けることによって、歯を失うリスクは大きく減らすことができます。
病気の治療ではなく予防のために通院する――これが、歯を失わないためにできる一番シンプルな方法です。

あいざわ歯科医院の予防処置

当院では、次のような予防処置を行っています。

定期検診

定期検診

お口の中のちょっとした変化をご自分で見つけるのはとても難しいこと。
そのため、早期発見にはプロの目による定期的なチェックと歯のクリーニングが欠かせません。
定期検診を受けていれば、仮に虫歯や歯周病が見つかってもすぐに処置ができるので、歯へのダメージも最小限に抑えられます。

プラークの染め出し

プラークの染め出し

虫歯菌の巣窟(そうくつ)であるプラーク(歯垢)は歯とよく似た色をしているため、見ただけではきちんとブラッシングできたかどうかわかりません。
そこでプラークの有無を確認するために、使用するのが染め出し液です。
染め出し液によってプラークが赤くなるので、その部分のブラッシングを重点的に指導していきます。

PMTC

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、歯科医院で専門器具を使用して行う歯のクリーニングです。
毎日のブラッシングでは落とし切れないプラークや歯石を、歯科衛生士がしっかり除去します。
PMTCには虫歯・歯周病予防のほか、歯質の強化や着色汚れの除去といった効果もあります。

噛み合わせチェック

噛み合わせチェック

噛み合わせの乱れは歯並びの乱れにつながり、歯間に食べかすがたまりやすくなると虫歯や歯周病のリスクが高まります。
また肩こりや骨格のゆがみといった全身の不調にもつながることから、当院では予防処置として噛み合わせを確認しています。
必要があれば噛み合わせの調節も行います。

生活習慣指導

生活習慣指導

食生活の乱れや、睡眠不足、喫煙といったさまざまな生活習慣が、虫歯や歯周病の原因になることがあります。
当院ではデンタルケアだけでなく、患者様の生活習慣をくわしくお聞きして歯の健康維持に役立つアドバイスを行っています。

MIペースト塗布

MIペースト塗布

当院ではPTMCの後にMIペーストを塗布しています。
MIペーストに含まれているカルシウムやリンなどのミネラル成分が歯の再石灰化を促すため、虫歯予防の効果が期待できます。
また、ごく初期の虫歯なら、MIペーストの塗布によって自然治癒することもあります。

歯の間の汚れに注意しましょう

毎日のセルフケアを、歯ブラシだけすませていませんか?
歯ブラシの毛先は歯と歯の間まで届かないことも多く、ブラッシングだけではプラークを完全に取り除くことができません。
そこでご活用いただきたいのが、歯間ブラシやデンタルフロスといったデンタルケアグッズです。
まずは時間をかけてブラッシングを行い、その後に歯間ブラシやデンタルフロスを使用して歯間までしっかりお掃除すれば、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境を作ることができます。

毎日の丁寧な「ホームケア」と歯科医院での「プロケア」を両立させ、私たちと一緒にパーフェクトな予防を目指しましょう。

↑