【江東区亀戸】入れ歯・子どもの矯正も あいざわ歯科医院

フリーダイヤル:0120-418-693 8:00~13:00/15:00~20:00

  • アクセス
  • 医院情報
  • コンセプト・院長紹介
  • 採用情報

医院コラム

  1. Home>
  2. 医院コラム>
  3. 医院コラム
  4. 自費治療の入れ歯って何が違うの?

自費治療の入れ歯って何が違うの?

こんにちは、江東区亀戸入れ歯相談所あいざわ歯科医院の相澤です。

この頃セミナー等でバタバタしており更新が途絶えていました。

今日は保険の入れ歯と自費治療の入れ歯の違いについて書いてみたいと思います。

①診断

前回書かせていただきましたが、保険の入れ歯に関しては診断に時間をかけることができません。何回も言いますが、歯がなくなるというのは病気です。まずは病気の状態を確認し、その病気を治すための手段を考え、そしてどれくらい回復するのかということを聞かなければ皆さんも治療に入りづらいと思います。キツイ言い方をすると保険の入れ歯は基本的にはなにも考えずに歯がなくなった部分にものを作るだけと言えます。

②治療方法

入れ歯の作り方は多種多様です。しかし、保険の入れ歯は日本の大学で教育として教えている一つのやり方しか認められません。他の病気でもこの治療がうまくいかなかったら、別の治療方法を選択できますよね。それができないということなのです。当院においては自費治療の場合BPSというシステムをベースに治療を行いますが、患者さんの病気の状態によりいろいろなバリエーションの治療を選択して患者さんが受け入れてくれる入れ歯の形を模索していきます。

③歯科技工士の存在

入れ歯の製作にあたるのは歯科技工士です。私は岩城謙二氏と10年以上仕事を共にし、お互いに共通の知識や情報をもって入れ歯を製作することが可能になっています。自費治療の場合、大事なステップにおいては治療に立ち会っていただき、直に患者さんを見てもらうようにしています。患者さんにとっても実際に作る歯科技工士と直接会話ができることはおおきなメリットだと思います。

④材料

言うまでもなく保険の入れ歯の材料は国が指定した材料しか使えません。保険の銀歯などもそうですが、保険の材料の選択は必要最低限であり決して良い材料を選んでいるわけではありません。ものによっては他の先進国ではすでに使われなくなった材料も入っています。当院の自費治療においてはイボクラールビバデントという会社の高品質な材料を主に使っていますが、これにより噛む、美しいだけではなく清潔性も向上させることができます。入れ歯に汚れが付きにくく、細菌の繁殖を抑えられるということです。私は夜寝る時も入れ歯を入れた方がよいと考えていますが、保険の入れ歯を入れて寝ると誤嚥性肺炎のリスクが高まるという論文が発表されています。

⑤入れ歯の寿命

保険の入れ歯の寿命は2年以内であることが大学で報告されました。実際に長くお使いの方は、入れ歯への慣れとその方の入れ歯をうまく使う技術で知らず知らずのうちに体に無理をさせて使っているのが現実なんです。当院の自費治療の入れ歯は5年10年と体に負担をかけずにご使用いただいております。

⑥噛めるものの違い

入れ歯になった時点で噛む力は歯があった時と比べて半分以下になってしまいます。これは神経の問題なのでどうすることもできません。保険の入れ歯の場合は噛めるものを噛んでいただくのが精いっぱいで特に前歯での噛みきりはほほ不可能です。当院において適切なリハビリを含んだ治療をされた方の中にはりんごの丸かじりも可能になり、あたりめやビーフジャーキーを噛めるようになった方もいらっしゃいます。

リハビリという言葉が出てきましたが、次回はこのリハビリの重要性についてお話しさせてください。

江東区亀戸入れ歯相談所あいざわ歯科医院の相澤でした。

↑